Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

鳶魚書房

堅実にバカなことを

選挙の開票作業やってきた

先日は成人してから小学校に入ることができるという人生でも稀有な機会だった。

皆さんは小学校に行かれましたか?

実際に小学校が投票所でない地域もあるかとは思う。ちなみに自分は諸事情あって小学校、中学校、高校に入るというハットトリック的に凄まじい一日を過ごした。自分は私立育ちだったので下駄箱なんてものがなく、かなりあの存在には憧れがあったんだけど、その日はブルーシートが敷いてある体育館しか入れなかった。残念…。

閑話休題。選挙だった。

今回は18歳から投票できるわなんやかんやで注目度も高い印象を持った。自分は当日の昼間は予定があって、夜は開票作業をすることになっていたので期日前にささっと済ませてしまった。

一応言っておくがこんなブログで政治的な話をするつもりはないので安心してほしい。これから話すのはタイトル通り開票作業をした自分が当日こんな感じだったよってのを書き連ねる。ただそれだけ。

 

開票作業とは

みんなが投票した紙を100人とかそのくらいで党名ごと個人名ごとに仕分けする作業で、だいたい学生と主婦とおっさんが3:3:5くらいの比率でいた。ポケットに手を入れたりそういうのはちゃんと見張りがいるので注意されるらしい。(実際に見なかったのでそんな注意されるかなんて分からないが…) 速報を待ってる人も多いし素早く終わらせるためにはある程度人数が必要なので市内とか区内でも大きい体育館に集めて一斉にやる。

スタート

この作業自体が20時より前に集合だったので投票時間の20時になったらすぐスタートかと思ったら全然そんなことなかった。市内から投票箱が集まるのを待つ。タクシーが続々と着いて投票箱と選挙管理委員会が集結する。30分くらい経った。この時点でニュースサイト等を見ていたら開票が始まる前に既に新聞社が議席確定!みたいな結果を出していたのでちょっと脱力感に見舞われた。かなり精度が高いらしいのでいまからやる作業はそれの答え合わせなのかなという気分にもなった。

じゃあ投票箱が集まったらスタートかって言うとそれも違う。全部鍵を外して、全部のテーブルで足並みを揃えて、一斉に箱開けてスタート。ここで21時を過ぎていたので立ちっぱで1時間以上待たされた事になる。

でもこの作業、時給換算したら1700円を超えるのでみんななにも言わず待った。金の力は偉大だ。

疑問票と白票

疑問票

スタートすると数十枚に1枚ペースで難解な文字が出てくる。自分は常々字が下手だと思っているのだがこの作業をしていると自分の字って実はけっこう上手いのではないか…?と錯覚するほど読めないものがある。バカにするとかではなくてマジで読めなくて悩む。お前小学校で漢字ドリルやったよな…?ってなる。そして"党"が書けない人もいる。お前それ"堂"やぞ…。ということで、どう頑張っても読めなかったり明らかに漢字が違ったりすると「疑問票」に分類されてしまう。

後で知ったのだが、弁護士によれば「おそらくこう書こうとしてるだろう…」と良識的に思えれば有効票としてカウントできるとのこと。自分の周囲ではかなりの人が疑問票として分類していたので不安になったが、そこは選挙のプロが有効か無効かをしっかりと判断してくれるようだ。

 白票

なにも書いてない。表になにも書いてないのだが、稀に裏に書いてある場合があるので注意しないといけない(裏に書いても有効票となる)

この人は反骨精神でこれを投じたとは思うが、実際には「(誰を信用したらいいのか分からないから)お任せしまーす」という意味で取られてしまうのだろうな…。と思いながら仕分けをしていた。

白紙からの選択

白紙からの選択

 

判断に困った疑問票たち

・日本

日本と書いてある党名は複数ある

・怒り

某怒ってる党名のことだと思うがこれだけだと判断ができなかった

・ゆかい

某ゆかいななかまたちな党名のことだと思うがもうちょっと書いてほしかった

・支持なし

これも某政党に振り分けて良いのかどうか判断に困った

・無駄遣いやめろ!

然るべきところで発言してください

・都知事無駄遣いやめろ!

今回は都知事選ではないです

・どこに投票したらいいか分からないです…

選挙前に然るべきところで相談してください…

 

などなど。これだけで振り分けていいのか?という票は沢山あった。そんなに手間ではないのだからフルネームを書くなりしてもいいのに…。基本的には下の引用のように考えて振り分けたが、上記では「支持なし」とある票がその政党に投票したかったのかどうか分からなかったため疑問票として判断ができる方にお任せする形とした。

 

間違った記載でも、どの候補者に対して投票する意思であったのかを明白に特定し得るものであれば、有効と判断されることになります。 

www.excite.co.jp

 

おわり

なんだかんだ2時間もかからず作業が終了して23時過ぎに解散となりました。以下その他思ったこと。

・待ち時間が長かったことで周囲の方々と会話をすることが多く、作業中は無言でも気分よく作業ができた。

Twitterでは紙の素材がなんだの言われていて、確かに面白い素材だなとは思ったけどたけどポスターは基本的に貼らないし紙のグッズは捨ててしまうのであまり分からなかった。

・いずれ文字認識精度が上昇したらこれも機械化されていくのかなと感じた。

・アルバイトとして考えるとかなり割が良い。

 

以上